MOONDOG R&R RECORDS

アクセスカウンタ

zoom RSS 一国民として、おおいに!期待しております「アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる」(高橋洋一)

<<   作成日時 : 2013/04/20 10:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる (現代ビジネスブック)
講談社
高橋 洋一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる (現代ビジネスブック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


一国民として、おおいに!期待しております。高橋洋一氏の著書のようになれば、良いですね。

内容紹介
「大胆な金融緩和によるデフレ脱却」を唱えるアベノミクスを市場は高評価。民主党政権時代の停滞がウソのように円安と株高が進み、景気回復の足音は確実に大きくなってきた。日銀新総裁のもとで本格的に金融緩和が実施されれば、日本経済は復活し、「失われた20年」で手にするはずだった「富」を取り戻すことができる――。

10年以上も前からインフレ・ターゲット導入によるデフレ退治を主張し、安倍首相の経済ブレーンとして金融政策のアドバイスもしてきた筆者が、世界標準の最新理論と、豊富で具体的な事例・データをもとにアベノミクスが経済を回復させるメカニズムを平易に解説する。
また、反リフレ派がまき散らすトンデモ理論――「金融緩和をすると国債が暴落する」「金利が急騰して銀行が大打撃を受け、金融システムが崩壊する」「ハイパーインフレが来る」「金融緩和は通貨安戦争を引き起こす」「物価が上がるだけで賃金は上がらないから、国民生活はますます苦しくなる」等々――を木っ端微塵に粉砕。あわせて、政府中枢の仕組みを知る筆者だからこそ見えてくる、「アベノミクスの死角」についても言及する。

俗論・珍説に惑わされないために、財務省や日銀の「情報操作」に躍らされないために、そして日々の経済ニュースを正しく理解するために、必読の一冊。
内容(「BOOK」データベースより)
10年以上前からインフレ・ターゲット導入を唱えていた安倍総理の指南役が明かす「救国の経済政策」。

誕生秘話からメカニズムまで。

著者について

高橋 洋一
嘉悦大学教授。1955年生まれ。東京大学理学部数学科、経済学部経済学科卒。80年に大蔵省(現財務省)入省。プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官、総務大臣補佐官、内閣参事官などを歴任。2007年に「霞が関埋蔵金」の実態を公表し、オール霞が関を敵に回す。08年に退官。現在は政策コンサルティング「政策工房」会長、大阪市特別顧問も務める。
プリンストン大学時代には、ベン・バーナンキ(現FRB議長)の薫陶を受け、小泉政権では竹中平蔵総務大臣のブレーンとして活躍した。アベノミクスの目玉である「インフレ・ターゲティング」の導入を早くから主張し続けてきた、いわゆる「リフレ派」経済学者の一人でもある。
『さらば財務省!』『財務省が隠す650兆円の隠し資産』(いずれも講談社)、『日本経済の真相』(中経出版)など多数の著書がある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
高橋/洋一
1955年生まれ。嘉悦大学教授。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒。博士(政策研究)。80年に大蔵省(現・財務省)入省。理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、総務大臣補佐官、内閣参事官(総理補佐官補)などを歴任。2007年にいわゆる「霞が関埋蔵金」の存在を暴露。翌年、退官。現在は地方自治体や政党などに政策をコンサルティングする「株式会社政策工房」の会長も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一国民として、おおいに!期待しております「アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる」(高橋洋一) MOONDOG R&R RECORDS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる